トピックス -企業家倶楽部

2019年07月10日

世界で5番目の高級スタバが東京に

企業家倶楽部2019年8月号 BUSINESS TREND





 2019年2月28日、世界で5番目という「スターバックス リザーブ ロースタリー」が東京・目黒に登場した。場所は目黒川沿い。最寄りの中目黒駅からも池尻大橋駅からも徒歩10分以上にも関わらず、その人気ぶりは衰えない。桜の時期は4時間待ちという事態も発生したほどだ。焙煎工場を併設した巨大な建物は、日本を代表する建築家、隈研吾氏によるもので、まるで劇場のようだ。

 この焙煎工場併設のスターバックスは「コーヒーイノベーションを表現」というコンセプト店舗で、2014年アメリカ・シアトルに1号店をオープン、2017年に中国・上海、2018年9月にイタリア・ミラノ、同年12月にアメリカ・ニューヨークと続き、東京は世界で5番目の店舗となる。

 4階建てで、延床面積2966平方メートルの巨大な建物は圧倒的な存在感を放つ。フロアごとに異なるテーマを持ち、コンセプトは「最高のコーヒー体験」を提供することという。




 2019年2月28日、世界で5番目という「スターバックス リザーブ ロースタリー」が東京・目黒に登場した。場所は目黒川沿い。最寄りの中目黒駅からも池尻大橋駅からも徒歩10分以上にも関わらず、その人気ぶりは衰えない。桜の時期は4時間待ちという事態も発生したほどだ。焙煎工場を併設した巨大な建物は、日本を代表する建築家、隈研吾氏によるもので、まるで劇場のようだ。

 この焙煎工場併設のスターバックスは「コーヒーイノベーションを表現」というコンセプト店舗で、2014年アメリカ・シアトルに1号店をオープン、2017年に中国・上海、2018年9月にイタリア・ミラノ、同年12月にアメリカ・ニューヨークと続き、東京は世界で5番目の店舗となる。

 4階建てで、延床面積2966平方メートルの巨大な建物は圧倒的な存在感を放つ。フロアごとに異なるテーマを持ち、コンセプトは「最高のコーヒー体験」を提供することという。




 2019年2月28日、世界で5番目という「スターバックス リザーブ ロースタリー」が東京・目黒に登場した。場所は目黒川沿い。最寄りの中目黒駅からも池尻大橋駅からも徒歩10分以上にも関わらず、その人気ぶりは衰えない。桜の時期は4時間待ちという事態も発生したほどだ。焙煎工場を併設した巨大な建物は、日本を代表する建築家、隈研吾氏によるもので、まるで劇場のようだ。

 この焙煎工場併設のスターバックスは「コーヒーイノベーションを表現」というコンセプト店舗で、2014年アメリカ・シアトルに1号店をオープン、2017年に中国・上海、2018年9月にイタリア・ミラノ、同年12月にアメリカ・ニューヨークと続き、東京は世界で5番目の店舗となる。

 4階建てで、延床面積2966平方メートルの巨大な建物は圧倒的な存在感を放つ。フロアごとに異なるテーマを持ち、コンセプトは「最高のコーヒー体験」を提供することという。




 2階には茶葉をフューチャーした「TEAVANA」が入っており、お茶を使った様々な飲み物やスイーツを楽しむことができる。2階から1階を見下ろすのも壮観だ。

 3階にはアルコールやフードを楽しめる「ARRIVIAMO BAR」があり、オシャレな空間で、カクテルなどお酒を楽しむことができる。隈研吾氏が縁側をイメージしたという3階のテラス席は、いるだけでゆったりとくつろげる。




 このスタバリザーブは、そのスケール、味、空間、話題性ともに、すでに日本の名所となっている。コーヒーの世界観が体験できるここはまさに「コーヒーのワンダーランド」だ。一度体験してみてはいかがだろうか。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top