• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル

トピックス -企業家倶楽部

2020年12月26日

釣りブーム再来!?

企業家倶楽部2021年1/2月合併号 BUSINESS TREND


 いま再び「釣り」が注目されている。現在に至るまでいくつかの「釣りブーム」があった。90年代のルアー、フライフィッシングブーム、2000年代には、「釣りガール」という言葉に表されるように、女性を中心にファッションの要素を取り込んだブームがあった。しかしながら、98年の2020万人をピークに減少を続け、18年には620万人まで減少した。その翌年から若干ではあるが、増加傾向に転じている。

 新型コロナウイルスの影響もあり、「三密」を避けられる手軽なアウトドアとして、釣りに行く人が増えていると言われる。確かに、私の住む神奈川県逗子市の海岸や防波堤などに行くと、明らかに釣りをする人が増えていると感じる。私自身も釣りをするのであるが、つい先日も近所の防波堤で釣りを楽しんでいると、初心者と思しき中高年女性から「どのあたりに投げたら釣れるのかしら。釣りを始めたばかりで分からないのです」と声をかけられた。また、若いカップルと思われる男女も真新しい釣り道具を慣れない手つきで扱い、釣りを楽しんでいた。近所の釣具店に行くと、釣り道具も「ちょい投げセット」や「初心者5点セット」など、誰でも簡単に始められるようなセット商品が2000円前後で取り揃えられていた。これなら、ちょっと始めてみようというニーズに十分応えられるであろう。釣具店の主人に聞いてみると、「手ぶらの人がいきなり来ることが増え、道具から仕掛け、えさの一通りの商品を買う人が増えてきた」と、最近の特徴を語ってくれた。 道具は簡単に揃えることができるようになり、釣りを始めやすい環境となったものの、最大の難関となるのが釣り針への餌付けである。くねくねと動くイソメなどは、見た目にもあまり気持ち良いとは言えない。そして、釣り針に付けようにも動くものだから、上手に付けることは意外とコツがいる。下手な人は自分の指に釣り針を刺してしまうことも日常茶飯事である。これは、女性に限った話ではなく男性でも虫が苦手で餌付けはあまりしたくないという人も多いという。

 その様なニーズをうまくつかんだ商品が、マルキューが開発した「パワーイソメ」だ。パワーイソメは、生きた餌の難点であった「動く、臭い、保存できない」という点を見事にクリアし、さらに「よく釣れる」という性能を持った生分解性素材で作られた疑似餌である。10年に発売開始した商品であるが、アイテム数を増やすなど、販売数量を順調に伸ばしている。マルキュー広告宣伝課の太田氏は、「現在の釣りブームもあって、フル回転で生産しているが、生産が追い付かないほどの注文をいただいている」とうれしい悲鳴を上げる。道具や餌のハードルが低くなることで、釣りを始める人の後押しとなっている。さらに、横須賀の船宿「房丸」では、手ぶらで船釣りが楽しめるプランを販売し、カップルや初心者の顧客を取り込んでいる。船釣りの道具は、防波堤などの釣りと比べて、道具などを揃えることはかなりの出費となり、手軽に始めることは難しい。房丸では、すべての道具類のレンタルを無料としている。さらに、ベテランスタッフが船釣りの基本を出船前にレクチャーし、さらに、沖合に出て釣りを始めてからも、しっかりとフォローし顧客が釣れるように万全のサポートを行うなど、至れり尽くせりのサービスである。

 釣りを始める人のハードルを下げ、容易に参加しやすい環境を作ることと、「釣れた」という成功体験を創出することで、現在の釣りブームが作られている。ブームが定着し、本当のファンとなるための策を業界全体がどのように後押しするかが今後を左右するであろう。

 最後に、環境に配慮し、ごみは必ず持ち帰るなど、最低限のマナーをしっかりと守って、釣りを楽しんでほしいと願う。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top
日本のオンラインカジノでオンラインでプレーすることの本当の魅力は、実際に交流するプレーヤーがいないという事実です。 ご存知かもしれませんが、多くのプレイヤーは賞金を他の人と共有することを望んでいません。 したがって、彼らは楽しみのためにプレーし、お金を失うリスクを冒すことはありません。 その結果、ゲーム全体をオンラインで無料でプレイできます。 日本のオンラインカジノ これは、お金をかけずにゲームをプレイしたい人に最適です。 しかし、あなたが本当のオンラインカジノで本当のお金を勝ち取ろうとしているなら、あなたはいくつかの秘訣と戦略を学ぶために読み続けたいと思うかもしれません。