• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2012年07月13日

2012年07月13日 第14回企業家賞記念講演会・授賞式、 5名が企業家賞に輝く!

 





企業家ネットワークが主催する第14回企業家賞記念講演会・授賞式が12日、東京・ロイヤルパークホテルで約400名の聴衆を集めて開催された。




今回は企業家大賞1名、企業家賞3名、チャレンジャー賞1名の受賞者が選出された。企業家大賞に輝いたのは、全国のスーパーのベンチマーク的存在となっているヤオコーの川野幸夫会長。企業家賞には、継続的にファッションブランドを創造してきたパルの井上英隆会長、思い出づくり生活提案業として子供写真館を発案したスタジオアリスの本村昌次会長、独創性ある医療機器の開発を行う大研医器の山田満会長らが選ばれた。若手経営者に贈られるチャレンジャー賞に輝いたのは、女優・宮崎あおいさんのCMでも有名なファッションブランド『earth music&ecology』を展開するクロスカンパニーの石川康晴社長だった。




「志の高い企業をめざして」と題した記念講演会でヤオコーの川野会長は「小売業=変化適応業である。変わらなければならないのは、お客様のニーズの変化に適応すると同時にその変化を主導すること。変わってはいけないのは、志の高い明確な企業哲学・理念がバックボーンとして一貫してあること」と力強く述べた。




「クロスカンパニーの挑戦」と題し、クロスカンパニーの石川社長は「1ヶ月の内、2週間を上海、1週間を東京、1週間を創業の地・岡山で過ごし、中国市場での展開を強めている。大法螺を吹くと、当期純利益1000億円を本気で目指したい」と意気込みを語った。




続いて授賞式に移り、審査委員長である日本電産の永守重信社長から受賞者へ賞状とトロフィーを授与した。永守審査委員長による恒例の講評は辛口ながらユーモアにあふれ、今年も会場を大いに沸かせた。当日は、経営誌「企業家倶楽部」の読者をはじめとして、企業家ネットワーク会員、企業家大学卒業生、報道関係者ら約400名が出席、大変な盛況となった。




閉会後に行なわれた記念パーティーには受賞者や審査委員、歴代の受賞者も出席。なごやかなうちにも活気に満ちた盛大な会となった。第14回企業家賞の模様 は同日夜、テレビ東京系報道番組「ワールドビジネスサテライト」にて報道された。また、8月27日発売予定の経営誌「企業家倶楽部」10月号や、 BS12TwellVのテレビ番組「今、日本を最も面白くする企業家たち」8月分で放送予定となっている。




第14回企業家賞受賞者



企業家大賞

ヤオコー 川野幸夫会長

企業家賞

スタジオアリス 本村昌次会長

大研医器 山田満会長

パル 井上英隆会長

チャレンジャー賞

クロスカンパニー  石川康晴社長



企業家賞概要

審査委員長

日本電産社長 永守重信氏

審査委員

ファーストリテイリング会長 柳井正氏
エイチ・アイ・エス会長 澤田秀雄氏
千葉商科大学名誉教授(元日本経済新聞社論説副主幹)三橋規宏氏
一橋大学イノベーション研究センター教授 米倉誠一郎氏
企業家ネットワーク代表 徳永卓三


第13回企業家賞の模様は下記からご確認頂けます。

     

前編               ⇒後編


な お、2011年の企業家大賞受賞者はおらず、2010年は楽天の三木谷浩史会長兼社長、2009年はニトリの似鳥昭雄社長、2008年はアリババ・グルー プのジャック・マーCEO、2007年はテンプスタッフの篠原欣子社長、2006年は日本電産の永守重信社長、2005年はソフトバンクの孫正義社長、 2004年はファーストリテイリングの柳井正会長、2003年はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の増田宗昭社長、2002年はぴあの矢内廣 社長、2001年はプラスの今泉嘉久社長、2000年はパーク24の西川清社長、1999年の第1回目の大賞受賞者はエイチ・アイ・エスの澤田秀雄社長 (当時)だった。




コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top