• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -新商品

2015年03月04日

大塚家具の内紛に思う

企業家ネットワーク代表 徳永卓三


 情報も価値観もだいたい20年間で変わる。ある企業家のビジネスモデルがヒットするのは、企業家の発想と時代の発想(ニーズ)が合った時だ。やがて、企業家の発想が時代遅れになり、ヒットしなくなる。

   その意味では企業の若返りは必要だ。新しいリーダーの発想が時代のニーズと合うようになる。大塚家具の親子喧嘩は娘の方に分がありそうだが、親が本気で娘を排除しようという裏には、娘が言ってはいけない決定的な言葉を言ったような気がする。創業経営者のプライドを傷つけたのではないか。


   これからもオーナー企業の親子喧嘩は起こると思われるが、親は「老いては子に従う」という気持を持ち、子は「創業経営者のプライドを傷つけないよう気を付ける」ことが必要ではないか。

   それと、親子喧嘩はいくらしてもいいが、表沙汰になってはいけない。くれぐれも内々で済ますこと。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top