トピックス -新商品

2015年08月17日

70年談話の全文を読んで

企業家ネットワーク代表 徳永卓三


  安倍首相の70年談話の全文を読んだ。読んだ感想はこんなに長文だったのかと率直に思った。新聞では、「謝罪」に力点が置かれていたが、安倍首相はほかに多くのことを語っている。慰安婦問題、植民地支配、日本の戦争突入など多岐に渡っている。

  談話はよく出来ていると思う。これなら、アメリカも中国も韓国も文句をつけられまい。国内の右寄りの人にも、あとで述べるが、配慮した。案の定、中国、韓国はそう文句をつけなかった。日本と両国の関係も幸いした。中国は経済の失速から日本の助けを必要としている。日本の機嫌を損ねたくないという気持ちがある。韓国も同じだ。

  さて、談話を読んで感じたことは3つ。1つは「謝罪」だ。率直に悪かったと謝っている。しかし、謝り方は玉虫色になっている。「我が国は先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からの気持ちを表明してきました」「こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺ぎないものであります」と謝った。


「表明してきた」と過去形にしたのがミソで、国内の右寄りの人には、「自分は謝っていない」と申し開きが出来る。一方諸外国には、村山も小泉も謝った様に「自分もそう思う」といえる。なかなか巧妙な文章だ。智恵者が居たと思う。

  しかも、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」と謝罪はこれっきりですよと釘を差した。名台詞である。


  2つ目は過去の植民地支配。アジアの植民地化は日本も悪かったけど、欧米諸国の所業もほめられたものではなかった、とやんわり批判している。アメリカをはじめ、イギリス、フランスの行動を指摘し、国内の先の大戦に不満を持つ人に配慮している。


  最後は中国への忠告である。日本は7,80年前に国際的に孤立し、力によって自分の主張を通そうとした。今、中国が7,80年前の日本のように力の行使をしようとしている。「我が国は、いかなる紛争も法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的、外交的に解決すべきである」と中国にアドバイスしている。


  そして、「その価値を共有する国々と手を携えて、『積極的平和主義』の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります」と結んでいる。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top