トピックス -新商品

2015年10月23日

英中首脳会談に思う

企業家ネットワーク代表 徳永卓三


   21日に英中首脳会談が終わった。合意した主な経済協力は①総額400億ポンド(約7兆円)の投資・貿易の契約成立②英国が中国産原発の採用③中国人旅行者のビザ有効期限を現行の半年から2年に延長④ロンドンで中国銀行が50億元(950億円)の人民元建て手形を発行‐することが決まった。

   英中が経済協力することは結構なことだが、なんだか落ちぶれた老大国が成金国に物ごいしているように見えるのは、私のヒガミか。習近平国家主席は巨額の経済協力のお陰でイギリスの議会で演説させてもらい、ご丁寧にも、また、戦前の日本の悪口を言ったらしい。

   英国は中国の原発技術を導入するぐらい、技術が落ちているのか。それとも、中国の原発技術が近年、急速に進歩したのか。いずれにしても他国のエネルギー政策に文句をつける気はないので、そうですか、と言うにとどめよう。事故が起こらないように祈るのみである。

   それにしても、英国の情報網は世界でも有数と思っていたが、最近の中国の経済減速は耳に入らなかったらしい。それともキャメロン政権は中国の現状を知った上で、中国との接近に臨んだのか。そうであるとすれば、キャメロン政権は相当したたかだ。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top