トピックス -新商品

2015年11月04日

日中韓首脳会談に思う

企業家ネットワーク代表 徳永卓三


   日中韓首脳会談が11月初旬、韓国のソウルで開かれた。3カ国首脳が会談するのは3年半ぶりだという。ずい分会わなかったものだ。中韓が歴史問題を持ち出し、「安倍首相が靖国神社に参拝するのはけしからん」「慰安婦問題が終わっていない」と中韓が言うから、次第に疎遠になった。

 今回の3カ国会談で決まったのは、①定期的に会談を開く、次回は日本で来年上半期に開く②慰安婦問題は年内を念頭に早期妥結③南シナ海問題は安倍首相が懸念を伝達、朴大統領が問題意識を共有④TPPでは韓国の検討を日本が見守る。朴大統領は参加の意欲を示す⑤北朝鮮問題では、同国の非核化へ連携強化―などで合意した。

 慰安婦問題は「将来の世代に持ちこませない」(これ切りですよ)ということで日本が妥協したように見える。朴大統領は国内向けに日本から譲歩をもぎ取った、と言うに違いない。こういう外交問題は常に玉虫色である。日本は解決済みと突っぱねるが、人道上の支援をして行くことになろう。

 3カ国なかんずく日本と中韓は角を突き合わせてきた。米欧にとって日中韓が仲が悪い事は都合がいい。3カ国はそれを知りながら、これまで仲が悪かった。ようやく、話し合いが出来るようになった。この火を消さないように、話し合いで解決したいものだ。ただし、「無理なものは無理」という毅然とした態度で臨んでもらいたい。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top