• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -新商品

2016年11月24日

フィデリティ投信、分配金を30円減の70円へ引き下げ

企業家ネットワーク記者 坂井文香


 フィデリティ投信は15日、北米の不動産を対象とする不動産投資信託(REIT)「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」の毎月の分配金を引き下げると発表した。4年ぶりの引き下げで、30円減の70円となる。

 REITとは投資家の資金を集め、不動産を取得、管理、運用する不動産投資信託。1960年に米国で初めて導入され、2016年4月現在、約123兆円と言われている世界市場の約64%を米国が占めている。米国に次ぐのが日本の9.2%だ。


 米国リートにおいて、税引前利益の90%以上を配当するなどの条件を満たすことで、税制面で優遇措置を受けられる。数万円から投資が可能である上、高い配当が期待できることから日本でも人気の商品だった。


 しかし、近年の東証REIT指数(東証に上場している不動産投信全銘柄を対象とした時価総額加重型の指数)は横ばいで推移。一方、平均分配金利回りは上昇傾向である。


 運用会社にとって、そろそろ分配金が負担になってきたのではないかとみていたところ、REIT大手のフィデリティ投信が分配金引き下げに走った。この影響を受け、分配金を引き下げに走る銘柄は増加すると考えられる。


 同銘柄は大手証券会社が取り扱う不動産信託でも人気の銘柄。今後の利回りを期待して投資した人も多いのではなかろうか。手軽にローリスクで資産運用できることから、投資信託は便利な商品ではあるが、自身で考えて投資することは必要だろう。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

NEW TOPICS -BIG VENTURE

ビッグデータの目的化を避けよ

 2017年05月18日 17:00

ビッグデータの目的化を避けよ
IoT時代の到来

 2017年04月19日 19:00

IoT時代の到来
中国経済は下り坂か

 2017年02月23日 16:30

中国経済は下り坂か

2017年度 第19回企業家賞
骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top