• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -新商品

2017年01月23日

AIによる代替はどこまで進んでいるか

企業家ネットワーク記者 大戸克也


   会計事務大手のEY(アーンスト&ヤング)社のシンクタンクEY総研は、今後のAI(Artificial Intelligence)関連市場規模の全産業合計を、2015年3兆7450億円、2020年約23兆円、2030年86兆9620億円と推計した。

   この爆発的な市場拡大は何をもたらすのか。日本では労働生産性が世界の先進国と比べて低く、多くのサービス業では人手不足が深刻だ。AI技術は、生産性向上と人手不足解消を一挙に果たす切り札になる。

   現在中心となって活用されている技術は、画像認識や音声認識など周囲の状況を把握するものだ。ブロードバンドタワーグループのエーアイスクエアでは、コールセンターの自動化支援を行っている。会話の音声を認識したAIが回答候補を提示するため、オペレーターの負担を大きく減らせるのだ。オムロンでは、AIで工場の生産効率向上を図るサービスを今年中に始める。熟練の技術者に代わって、コンピュータが機械の振動などを感知して故障を検知できるという。AIを搭載したロボットによる接客も、今年は一層増えるはずだ。

   今は外界の認識がメインだが、自分の行動が周囲に与える影響も把握できれば、介護ロボットなどで必要な繊細な接客も実現するだろう。こうした代替は望ましいと思うが、私たちは変化に対応する必要がある。野村総研は2015年、20年後には日本の労働者の49%が就いている職業は機械で代替可能という分析を出した。こんな将来を考えると、学生が代替される仕事を就職前に知るために、高校などでAIについて考える時間を作るべきだ。

 AIが代替できない高度な判断能力や人同士の築く信頼関係も一朝一夕で得られるものではない。新聞などで最新の動向を把握することも含め、地道な備えとスキルアップが欠かせないと思う。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

NEW TOPICS -BIG VENTURE

ゾゾタウン、送料一律200円へ
小選挙区制の歪みは顕著だ

 2017年10月26日 15:00

小選挙区制の歪みは顕著だ
被選挙人は正々堂々と戦え

 2017年10月25日 18:00

被選挙人は正々堂々と戦え
国政選挙は政策本位で投票を!

 2017年10月19日 18:00

国政選挙は政策本位で投票を!
核兵器飛来の際はとにかく地下へ

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top