• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -新商品

2017年06月24日

AIスピーカーは布石に過ぎない

企業家倶楽部デスク 相澤英祐


   AIスピーカーの開発競争が激化している。この製品は、喋りかけるとAI(人工知能)が自動で音楽を再生したり、ニュースや天気を読み上げたりするもの。アマゾン・ドット・コムが2014年11月に発売した「アマゾンエコー」が先駆とされており、2016年11月にはグーグルが「グーグルホーム」を発売。今年6月に入って、6日にはアップルが「ホームポッド」を発表、15日にはLINE(ライン)が「WAVE」の試作機を初披露した。

   価格帯としては、「アマゾンエコー」が約140ドル(約1万5000円)、「グーグルホーム」が109ドル(約1万2000円)、「ホームポッド」が349ドル(約4万円)、「WAVE」が1万5000円という具合だ。

   アップル製スマートフォンiPhoneに搭載されている音声アシスタント機能「Siri」をご存知の方は多いと思うが、AIスピーカーを使えば、スマホのようにわざわざ手を動かすことなく、話しかけるだけでアプリを起動できるため、ハンズフリーな生活が楽しめる。

   もちろん、AIスピーカー単体では出来ることが限られる。それこそ、前述のような音楽再生、ニュース読み上げといった機能に止まるだろう。これならば自分の手で作動してもさほど変わらないし、あまり実用性を感じられないかもしれない。

   しかし、家全体がインターネットに繋がっていたらどうだろうか。登録した自分の声でAIスピーカーを起動。あとは「クーラーを付けて」「電気を消して」「映画が見たい」「コーヒーを淹れて」など自由自在である。

   現在は、まだインターネットに繋がっている家電製品が普及していないため、実感が湧かないのも分かる。ただ近い将来、こうした光景が当たり前になるのは確実だ。そう考えると、AIスピーカーは来るべきスマートハウス時代に向けた布石としての製品と言えるだろう。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

NEW TOPICS -BIG VENTURE

ゾゾタウン、送料一律200円へ
小選挙区制の歪みは顕著だ

 2017年10月26日 15:00

小選挙区制の歪みは顕著だ
被選挙人は正々堂々と戦え

 2017年10月25日 18:00

被選挙人は正々堂々と戦え
国政選挙は政策本位で投票を!

 2017年10月19日 18:00

国政選挙は政策本位で投票を!
核兵器飛来の際はとにかく地下へ

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top