• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -新商品

2017年06月28日

5Gは次世代インフラとして不可欠だ

企業家倶楽部デスク 相澤英祐


   2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、様々な業界が動いている。中でも、インターネットインフラ業界が急務として取り組んでいるのが、第5世代移動通信システム「5G」の構築である。

   現在、私たちが使用しているスマートフォンの多くは、LTE(Long Term Evolution)という通信規格を利用しているが、これは「4G」と呼ばれることが多い。しかし、次世代の規格である5Gが導入されれば、今のインターネット環境と比べて「超高速・低遅延・低コスト・低消費電力」で接続が行えるようになる。具体的には、10倍以上の通信速度、1000倍以上の通信容量が実現するという。

   ただ、つい数年前、4Gより更に古い3G回線を使っていた時代と比較すれば、現時点でも通信速度は格段に向上し、動画などストレス無く見られるようになったのも事実。「これ以上の速度や容量が必要なのか」と疑問に思う向きもあるかもしれない。

   この質問に対する答えは「イエス」だ。情報通信量は過去5年で10倍になっており、しかも加速度的に増加している。2020年には現在の1000倍まで膨れ上がるとの予測もある。

   今は、所有しているインターネットに繋がった製品と言えば、スマートフォン、タブレット、パソコンくらいかもしれないが、既に腕時計型、メガネ型、指輪型など、多種多様なウェアラブル端末が登場してきている。更に、IoT(モノのインターネット)の普及により、家電製品をはじめ各家庭が保有する機器の中に、インターネットは当たり前のように入ってくる。機械と機械が自動的に通信して制御などを行うM2M (Machine to Machine)も今後増加の一途を辿るだろう。

   こうした増大する情報量と多機器接続に対応するためにも、5Gの構築は不可欠な事案なのだ。4Gに慣れてしまった人が3G回線に戻れるとは思えない。同様に、近い将来5Gの時代が到来すれば、誰もが現在の4Gを使っていたことなど忘れてしまうだろう。一度利便性を享受すると、もう後戻りはできないのが人間の性なのだ。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

NEW TOPICS -BIG VENTURE

ゾゾタウン、送料一律200円へ
小選挙区制の歪みは顕著だ

 2017年10月26日 15:00

小選挙区制の歪みは顕著だ
被選挙人は正々堂々と戦え

 2017年10月25日 18:00

被選挙人は正々堂々と戦え
国政選挙は政策本位で投票を!

 2017年10月19日 18:00

国政選挙は政策本位で投票を!
核兵器飛来の際はとにかく地下へ

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top