• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -新商品

2018年07月11日

プラ製ストローが地球を泣かせている

企業家倶楽部記者 峰塚千里


   米スターバックスは9日、2020年までに全世界で展開する約2万8000店舗でプラスチック製ストローを廃止する方針を発表した。現在、全店舗で使用されているプラスチック製ストローは、年間10億本を超える。代わりに、リサイクル可能なプラスチック製のふたや紙製のストローを提供する予定だ。

   近頃、こうしたプラスチック製ストロー廃止の動きが広まっている。米マクドナルドも6月15日、英国とアイルランドの計1361店舗で9月から紙製ストローに順次切り替えると発表した。これらの動きの背景として、環境保護に対する意識の高まりが挙げられる。

   ストローは海洋プラスチックごみの中ではわずかな量だが、海の環境に深刻な影響を及ぼしている。その形状とサイズから、海洋生物の窒息死や誤飲につながってしまうからだ。2015年には、ウミガメの鼻に詰まったストローを科学者たちが取り出している動画がネット上で話題になった。

   こうした問題を受けて、ワシントン州シアトルでは1日、全ての飲食店・食料品店などに対してプラスチック製のストローや食器類の使用を禁じる条例が施行された。これは、米国の主要都市としては初めての試みである。

   このように、今後もプラスチック製ストロー廃止の動きは続いていくと思われる。ストローもスーパーのレジ袋のように有料化されたり、マイストローを持ち込めば割引されたりするのかもしれない。ごみを減らしていくためには自治体や企業だけでなく、消費者個人個人の努力も不可欠だ。小さくとも出来ることから、取り組んでいくべきである。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top