KIGYOKA PRIZE 企業家賞

日本経済のこれからを創る
ベンチャー経営者のための賞

1999年に創設し、これまでに21回開催。
受賞者は125名となり、受賞企業の時価総額を合計すると100兆円を超える。
今日では企業家賞受賞がベンチャー企業家の登竜門と呼ばれています。
最高位の企業家大賞受賞者には、ソフトバンク孫正義氏、
ファーストリテイリング柳井正氏、日本電産永守重信氏、
中国からアリババグループのジャック・マー氏ら世界企業が名を連ねている賞です。

受賞の条件

  • 社会貢献的要素の高い事業を展開、世界ブランドを目指している創業経営者
  • 既成概念にとらわれず果敢にチャレンジしている企業家
  • 斬新な発想を持ち、創造力あふれる21世紀型の経営システムを構築している企業家
  • オンリーワンの独創的技術を開発している企業家である。

本年度企業家賞ご案内

2019年度 第21回企業家賞「大賞」

2019年度 第21回企業家賞「大賞」

アイリスオーヤマの大山健太郎会長が企業家大賞を受賞!

歴代審査員

  • セコム㈱

    飯田 亮

  • 日本電産㈱

    永守 重信

  • ㈱エイチ・アイ・エス

    澤田 秀雄

  • ㈱ジャパネットたかた

    髙田 明

  • ㈱ファーストリテイリング
    会長兼社長

    柳井 正

  • ㈱良品計画

    松井 忠三

  • 千葉商科大学名誉教授
    元日本経済新聞
    社論説副主幹

    三橋 規宏

  • 一橋大学イノベーション
    研究センター教授

    米倉 誠一郎

  • 日経BP
    コンサルティング社長

    高橋 銀次郎

  • ㈱企業家倶楽部

    徳永 卓三

  • 肩書は審査員当時のもの

過去の受賞者

1